千葉菌類談話会
     CHIBA MYCOLOGICAL CLUB



最終更新日:2018/9/5

 
 
 


 

シロオビテングタケ
Amanita concentrica
T.Oda, C.Tanaka & Tsuda
2000年10月2日 清澄山 Holotype
 白い大型のテングタケ。一見ササクレシロオニタケ(マツカサモドキ節)に似るが、傘表面に明瞭な溝線がありテングタケ節とわかる。2000年の千葉はきのこの当たり年で、房総のコナラ林ではバカマツタケ、ニセマツタケの大豊作だった。東京大学千葉演習林内にも、大型のテングタケ類が林立し、そのなかの不明なものを数種箱詰め宅急便で京都大の小田貴志さんに送り記載してもらった。
Mycoscience 43: 81-83, (2002).


 ●観察と見分け方のポイント

 ●千葉県に発生した珍菌希菌
 

 2018年度(平成30年度)行事予定  
   *第83回観察会の同定会場が変わりました。
    途中からご参加の方はご注意ください。

 活動状況 2005.1月〜2013.10月  
    ※2014以降は、会報の行事報告をご覧ください。

 ●これまでの行事記録 1991〜2017

 ●千葉菌類談話会について

 ●事務局からのお知らせ
  *年度が替わりましたら、会費の納入(原則として郵便振込)をお願い
   いたします。納入状況は会報をお送りした封筒のラベルをご覧ください。
    会費は前納制ですが、観察会などのときには直接納入も受け付けます。
   
      

 会報:千葉菌類談話会通信  
 
  *35号(2019年3月発行)の原稿を受け付けております。
            原稿は2019年1月31日までに事務局へお出しください! 投稿方法はこちら

         ※それ以降に出されましたものにつきましては、次号へ繰越となります。
            

 ●会員からの便り  

おすすめホームページ&図書   
 

 <ご案内> 
 千葉県立中央博物館自然誌フェスタ千葉に参加します!
 
 
 平成30年11月3日(土・文化の日/入場料無料) 9:00〜16:30
     
  博物館と連携して調査研究をおこなっている団体やサークルが一堂に会し、 
   ミニ展示や体験コーナー等を通じて、その活動や成果を紹介するものです。

   以前の様子はこちら (博物館のページに移動します)  

 
※当日、会報や有志作家によるきのこグッズの販売も行います。
   当会の会員で来客対応をお手伝いいただける方、グッズ販売参加希望の方は、
   内容を9月16日(日)までに事務局までメールでご連絡ください。(電話連絡は不可)

 

  
  千葉菌類談話会 CHIBA MYCOLOGICAL CLUB

   名誉会長:腰野文男  会長:金城典子

 *ご質問やお気付きの点は管理人までご連絡ください
 
 *当ページへのリンクはフリーですが管理人までご連絡ください 

 無断転載・転用を禁じます
                          
 Copyright (C) 1999 Chiba Mycological Club